不妊やダイエットなどの女性の悩みを解決するクリニック

排卵検査薬の仕組み

結構簡単に正確に検査できる

排卵検査薬とは女性が排卵すために分泌されるホルモンを見る検査法です。 女性の性周期には主に2つのホルモン、エストロゲンとプロゲステロンが関わっています。 エストロゲンは子宮の準備をするホルモンであり体温が下がり、栄養が必要であるため食欲増進作用もあります。 一方プロゲステロンはエストロゲンの作用を抑える働きと母乳に関する働きをするホルモンです。 どちらもバランスがとれており、正常な方であれば14日交代でどちらかのホルモンが高値になるため、28日の性周期が生まれます。 排卵検査薬は性周期の見られにより28日でなくなった場合いつ生理になるのか予測する検査薬です。 性周期はストレスや不摂生で見られるため、現在排卵検査薬の需要も高まりつつあります。

排卵検査薬を手に入れるために

排卵検査薬は比較的簡単に手に入ります。体内に入れたり、連続使用するものではないため、薬局やドラックストア、ネットショップで手に入ります。 もちろん男性でも購入することはできますが、ほとんどの場合男性が使うと陰性が表示されますし、1人で買いに来ると店員さんに不審な顔されますが、彼女のためかなと売ってはくれます。 排卵検査薬はホルモンを検査するため、滅多に間違えることはありませんが、たまに体の調子が悪い時や何かの病気であれば陽性に反応することもあり100%正確ではありません。 よって目安程度の感覚で使用してください。 商品にもよりますが排卵検査薬には使用期限もあり、この期間を過ぎると反応性が悪くなるため、使用期限には注意してください。